優しい株式投資
ホーム > 洗顔 > 洗顔の大切なポイント

洗顔の大切なポイント

お肌に潤いがある状態に保つには洗顔が大きなポイントです。そのポイントは肌状態に合わせるということです。例えば乾燥している時とベタベタする時が同じ洗顔方法だとどうでしょうか。また、ゴシゴシ洗うのと優しく洗うのとは違いがある気がしませんか。このようにポイントをおさえてすることが大切です。そのポイントを幾つかまとめてみました。

 

1、洗顔の仕方

まず、洗顔する時はゴシゴシするのはダメです。顔は全て表情筋といって繊細な筋肉の流れがあります。また、ハリ弾力に関わる大切な細胞もありますが、この細胞は刺激に弱い特性と、生まれ変わりはせずに一度死んでしまうと再生しないといわれているので数に限りがあります。だからこそゴシゴシしてしまうとタルミの原因となってしまうことがあります。パンツのゴムと一緒ですが、ずっと履き続けて、しかも伸ばして履いてしまうと伸びてしまいます。お肌も同じことが起きてしまうというわけです。よって、お肌を洗うときは顔と手の間に泡をクッションのようにして泡で押さえるように洗いましょう。ゴシゴシしていなくてもキメの細かい泡をしっかりと作れば泡が汚れを吸着してくれます。

 

2、肌状態に合わせる

次に肌状態に合わせてですが、まずベタベタする時は洗顔フォームを使って朝晩洗いましょう。夏場など朝起きた時ベタベタがひどい場合はティーゾーンのみ二度洗いをしても良いです。逆に冬など乾燥を感じる時は洗顔フォームも何もつけずにぬるま湯のみで洗うプレ洗顔が良いです。お肌が敏感になっている時はお水のみで50回くらいパシャパシャと洗うのもオススメです。

 

3、自分に合った美容液をつかう。

洗顔が完了したら、肌へ栄養を与える絶好のチャンスです。しかし、さまざまな美容液がありますが一番大切なことは肌の状態に合わせ自分にあった美容液を使うことがもっとも大切です。私が使っているのはヒトプラセンタエキス配合の美容液です。肌への浸透がよく保湿力が高いのでお肌をプルプルの状態に保ってくれます。

 

以上、洗顔のポイントについてお伝えしましたが、ちょっとした心遣いでお肌は劇的に変わります。