優しい株式投資
ホーム > 注目 > いくらか出費は覚悟しなければなりません

いくらか出費は覚悟しなければなりません

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」です。

 

実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるみたいです。

 

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、算出した費用です。

 

短時間で調査を完了すると支払い額も安くなります。

 

探偵業者に調査を依頼する場合、一般的な調査費用の相場というものを知らないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。

 

時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と想定していると妥当だと思います。

 

時間数が増えてもディスカウントは期待できず、依頼者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。

 

常に相手が警戒している場合、自分の手で浮気の裏付けを取るということは、至難の業です。

 

しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を進展させるうえで役に立つでしょう。

 

ですから、不倫をしているなと思ったら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。

 

いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、体の関係があると思われるような写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。

シースリー体験キャンペーン